2013年09月12日(木)

珈琲の抽出

以前、抽出器具の一つである「ドリッパー」についてのブログを書かせてもらいましたが、今回は抽出そのものについて書いてみようと思います。

 

まず、珈琲の抽出に影響を与えるものとして(器具以外)挙げると

① どんな珈琲豆か

② どんな水か

③ 湯の温度

④ 粉の挽き具合

⑤ 湯と粉の接触時間

⑥ 湯と粉の比率

 

珈琲豆と水についてはお店で淹れる場合、比較的安定要素になります。

 

では、そのほかの要因が抽出に与える影響はといいますと、

 

湯温は高くなるにつれて抽出が早くなり、より濃くなります。

挽き具合が細かくなるほど抽出が早くなり、濃くなる。

接触時間は長くなるにつれて抽出量が増え、濃くなる。

比率は当然ですが、湯が多くなるほど薄くなります。

 

以上のことを考慮すると、同じ珈琲豆を使ったとしても全く違う味になります。

 

ですから、「薄めのアメリカン」や「濃いめのTATOブレンド」などの要望にもある程度は応えることができます。

 

もし、来店されたら違いを感じてみるのも楽しいかもしれません

 

 

ARCHIVES

LATEST POST

CATEGORY

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。