2014年09月13日(土)

サイフォン

最近は朝、晩が涼しくなってきましたね。朝に至っては、もう寒いと言ってもいいくらいです

僕はまだタオルケット一枚で寝てますが、もうそろそろ掛布団を出そうかどうか悩んでおります。

 

さて、今回はサイフォンのご紹介です。

ちなみに、うちの店にはサイフォンはありません。ないどころか、僕は一度もサイフォンで珈琲を淹れたことがありません

それでも説明するという矛盾をお許しください

 

サイフォンは原始的な手法だけに、ユーザーが味をコントロールできるのが楽しみの一つです。強火でさっと沸騰させるとあっさり。弱火でじっくりだとコクのある味になります。

 

淹れ方として、まずフラスコに水を入れ沸点近くまで温めます。それから、ロートを斜めに入れて挽いた豆を入れます。

フラスコの湯が沸騰したらロートをセット。ランプの火を弱火に。その後、豆が湯に完全に浸るように2~3回撹拌。40秒後に8回しほどしっかりと撹拌。そして、ランプの火を消します。

火を外すと、温度が下がりフラスコにコーヒーが落ちてきます。落ち切ってから、空気がボコボコと入ったら完成です。

 

あせらず、ゆったりとした気持ちで挑むことが大切です。

僕も機会があれば一度は挑戦してみようと思っています

ARCHIVES

LATEST POST

CATEGORY

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。