2013年09月24日(火)

「ストレート珈琲 挽き売り珈琲豆フェア」のお知らせ

先月から始めている「ストレート珈琲 挽き売り珈琲豆フェア」のお知らせです
 
まだまだ定着したというには程遠い状態なので、しつこく宣伝させていただきます
 
 
①ストレート珈琲 全品30円引き
 
グアテマラ  ¥490 →  ¥460
 
キリマンジャロ  ¥490 →  ¥460
 
マンデリン  ¥490 →  ¥460
 
モカ  ¥490 →  ¥460 この記事を読む

2013年09月22日(日)

世界のコーヒー生産国

まだまだ日中の気温が高く、「秋分の日」とはいえ秋を感じられるようになるのはもう少し先のことになりそうです
 
さて、今回はコーヒーの生産国について書いてみたいと思います。
 
コーヒーはアカネ科のコフィア属に属する熱帯植物です。
コフィア属には数多くの種が含まれるが、全生産量の65%程度を占めるアラビカ種とそれに次ぐ35%程度の生産量のカネフォラ種が商業上は重要。いずれも主に赤道をはさむ南北約25度の「コーヒーベルト」と呼ばれる地帯で栽培されてい...

この記事を読む

2013年09月19日(木)

認証コーヒー

今日は「中秋の名月」ですね
 
あまり、というかまったくコーヒーとは関係ないですが、こういう季節を感じることのできる行事は好きなので、普段はあまり見ることのない月を今日ばかりはじっくり見てみようと思います
 
さて、まったく話は変わってしまうのですが、各認証団体が独自の基準に従い、栽培条件や環境、社会的要素などを満たしているコーヒーを「認証コーヒー」と呼びます。
 
代表的なものをいくつか挙げてみたいと思います。
 
...

この記事を読む

2013年09月15日(日)

珈琲と健康

本日は東海地方にも台風が接近してきているようで、徐々に風も強くなってきております。
 
お昼過ぎからは、ぱったりと客足も遠のいてしまいました
 
まぁ、それはさておき今回のブログは、ちょっと趣向を変えまして、珈琲豆と健康の関連性について書いてみようと思います。
 
かなり大雑把なカテゴリーなので今回は、「珈琲はダイエットに有効か?」という視点から見ていこうと思います。
 
コーヒーのカロリーは低く、平均的にはブラック...

この記事を読む

2013年09月12日(木)

珈琲の抽出

以前、抽出器具の一つである「ドリッパー」についてのブログを書かせてもらいましたが、今回は抽出そのものについて書いてみようと思います。
 
まず、珈琲の抽出に影響を与えるものとして(器具以外)挙げると
① どんな珈琲豆か
② どんな水か
③ 湯の温度
④ 粉の挽き具合
⑤ 湯と粉の接触時間
⑥ 湯と粉の比率
 
珈琲豆と水についてはお店で淹れる場合、比較的安定要素になります。
 
では、そのほかの要因が抽出に...

この記事を読む

2013年09月07日(土)

ドリッパー

「たと珈琲」では、一杯一杯挽きたての珈琲を丁寧にハンドドリップで提供させてもらっています。
 
ということで、今回はドリップについてです。
 
コーヒーの抽出器具はさまざま。サイフォン、フレンチプレス、ドリップ、エスプレッソマシーン、水出しなどなど。
 
その中で、ドリップは器具の扱いやすさ、後片付けのしやすさ、さらには近年の簡易抽出型の普及もあってもっともポピュラーな淹れ方ではないでしょうか。
 
ただ、味が変わる...

この記事を読む

2013年09月03日(火)

モカ

「たと珈琲」で取り扱っているストレート珈琲の紹介第4弾です。
 
今回は「モカ」です。
 
モカコーヒーの産地はアラビア半島南西部にあるイエメン共和国の山岳地帯とアフリカ大陸北東部にあるエチオピアの高原地帯です。
 
「たと珈琲」で取り扱っている「モカ」はエチオピア産のモカになります。
 
エチオピアの主な産地は東部のハラール州と南西部のカファ州です。特にハラール州の標高1500mから2500mにある州都ハラールの近郊...

この記事を読む

2013年08月29日(木)

キリマンジャロ

「たと珈琲」で取り扱っているストレート珈琲の紹介第3弾です。
 
今回は「キリマンジャロ」です。
 
キリマンジャロは、キリマンジャロ山域、タンザニア北部、ケニア国境近くのモシ地方で栽培されたコーヒーのブランドになります。
 
タンザニアのキリマンジャロ山の麓の町、アルーシャやモシ近くの、標高1500mから2500m付近の農園で栽培されている。品種はアラビカ種。
 
キリマンジャロは大きく分けて北部(キリマンジャロ州、モシ州)...

この記事を読む

2013年08月27日(火)

マンデリン

「たと珈琲」で取り扱っているストレート珈琲の紹介第2弾です。
 
今回は「マンデリン」です。
 
インドネシアのスマトラ島における一部地域で栽培される、アラビカ種のコーヒー豆の銘柄のことを指します。
 
インドネシアは2012年現在で生産量は世界3位であるが、そのほとんどは安価なロブスタ種が占めている。
その中で、マンデリンは病害に辛うじて耐えたアラビカ種を元にして、スマトラ島のマンデリン族が主導で栽培を行ったものである。
&nb...

この記事を読む

2013年08月22日(木)

グアテマラ ラ・ボルサ

「たと珈琲」で取り扱っているストレート珈琲の紹介をしたいと思います。
 
まずは「グアテマラ ラ・ボルサ」です。
 
中南米にあるグアテマラは、豊かな降雨量と肥沃な火山灰土壌、そして適度な気温、山から吹く冷たい風と峡谷からの暖かい風などコーヒー栽培に恵まれた栽培条件のもとで高品質を保っています。
 
等級は産地の高度で7等級に分類されています。
最高級グレードの豆は標高1350m以上と決められてSHB(ストリクトリー・ハード・...

この記事を読む

ARCHIVES

LATEST POST

CATEGORY